新しいことはいつだって、無謀で笑えるところからうまれてくる。
だから介護・福祉の現場は面白い。

これからの介護・福祉の仕事を考えるデザインスクール 2018.08.04〜
東京からスタート。全国8箇所で開催!

私たちは最期まで楽しい人生を過ごしたいし、大切な人にもそんな人生を送ってもらいたいと思っています。そういう人たちの人生を支える「介護・福祉の現場」はユニークで、創意工夫とユーモアの宝庫です。「まだまだやれることはある」と思っている人は多いはず。「介護・福祉デザインスクール」では、介護・福祉の現場にある楽しさ、技術、哲学、実行力を実際の現場で体験し、資源の発見やよりよくする方法を共有し、介護・福祉の現場をさらに魅力的な職場にするためのプロジェクトに取り組みます。「介護のこれからって何だろう?」その答えをみんなで探しに来ませんか?

01募集要項

地区ブロック 第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

北海道

第1回

9/2(日)13:00-16:00※申込期限:8/17(金)

北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点

北海道札幌市北区北21条西11丁目

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

北海道

9/2(日)13:00-16:00※申込期限:8/17(金)

北海道大学フード&メディカルイノベーション国際拠点

北海道札幌市北区北21条西11丁目

9/15(土)9/17(月)

9/23(日)

10/21(日)

11/11(日)

12/9(日)

東北

青森/秋田/山形/岩手/宮城/福島

第1回

9/9(日)13:00-16:00※申込期限:8/17(金)

TKPガーデンシティ仙台ホール30A

宮城県仙台市青葉区中央1-3-1

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

東北

青森/秋田/山形/岩手/宮城/福島

9/9(日)13:00-16:00※申込期限:8/17(金)

TKPガーデンシティ仙台ホール30A

宮城県仙台市青葉区中央1-3-1

9/23(日)9/25(火)

9/30(日)

10/28(日)

11/11(日)

12/16(日)

関東

茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川/東京

第1回

8/4(土)13:00-16:00※申込期限:7/20(金)

Creator's District神保町

東京都千代田区神田小川町3-6-8伸幸ビル4階

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

関東

茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/神奈川/東京

8/4(土)13:00-16:00※申込期限:7/20(金)

Creator's District神保町

東京都千代田区神田小川町3-6-8伸幸ビル4階

8/27(月)8/30(木)

9/1(土)

9/30(日)

10/7(日)

11/11(日)

北陸

新潟/石川/福井/富山

第1回

9/16(日)13:00-16:00※申込期限:8/31(金)

ITビジネスプラザ武蔵

石川県金沢市武蔵町14番31号

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

北陸

新潟/石川/福井/富山

9/16(日)13:00-16:00※申込期限:8/31(金)

ITビジネスプラザ武蔵

石川県金沢市武蔵町14番31号

9/30(日)10/2(火)

10/8(月・祝)

10/28(日)

11/18(日)

12/9(日)

中部

山梨/長野/岐阜/静岡/愛知

第1回

9/1(土)11:00-15:00(ランチタイム含む)※申込期限:8/17(金)

ジユウノハコ1階スペース

愛知県名古屋市中村区太閤3丁目7番76号

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

中部

山梨/長野/岐阜/静岡/愛知

9/1(土)11:00-15:00(ランチタイム含む)※申込期限:8/17(金)

ジユウノハコ1階スペース

愛知県名古屋市中村区太閤3丁目7番76号

9/8(土)9/10(月)

9/22(土)

10/14(日)

11/4(日)

12/2(日)

関西

三重/滋賀/奈良/和歌山/京都/大阪/兵庫

第1回

8/26(日)14:00-17:00※申込期限:8/3(金)

グランフロント大阪北館タワーB10階ナレッジキャピタル カンファレンスルームタワーB RoomB 06+07

大阪府大阪市北区大深町3-1

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

関西

三重/滋賀/奈良/和歌山/京都/大阪/兵庫

8/26(日)14:00-17:00※申込期限:8/3(金)

グランフロント大阪北館タワーB10階ナレッジキャピタル カンファレンスルームタワーB RoomB 06+07

大阪府大阪市北区大深町3-1

9/2(日)9/4(火)

9/9(日)

10/14(日)

11/11(日)

12/2(日)

中国四国

岡山/広島/山口/鳥取/島根/愛媛/香川/徳島/高知

第1回

9/15(土)14:00-17:00※申込期限:8/31(金)

おりづるタワー2F第3会議室

広島県広島市中区大手町一丁目2番1号

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

中国四国

岡山/広島/山口/鳥取/島根/愛媛/香川/徳島/高知

9/15(土)14:00-17:00※申込期限:8/31(金)

おりづるタワー2F第3会議室

広島県広島市中区大手町一丁目2番1号

10/7(日)10/10(水)

10/21(日)

11/24(土)

12/8(土)

12/22(土)

九州

大分/福岡/佐賀/熊本/長崎/宮崎/鹿児島/沖縄

第1回

9/16(日)14:00-17:00※申込期限:8/31(金)

The Company 博多 PARCO

福岡県福岡市中央区天神2-11-1福岡パルコ新館5F

第2回 第3回 第4回 第5回 第6回

九州

大分/福岡/佐賀/熊本/長崎/宮崎/鹿児島/沖縄

9/16(日)14:00-17:00※申込期限:8/31(金)

The Company 博多 PARCO

福岡県福岡市中央区天神2-11-1福岡パルコ新館5F

10/7(日)10/10(水)

10/20(土)

11/25(日)

12/9(日)

12/23(日)

定員
全ブロック 各50名
申し込み多数の場合は抽選制(申込締め切りは各ブロックの日程をご参照ください)
お問い合わせ
kaigo_destudio-l.org(担当:落合)
対象者
介護・福祉事業所の経営者、現場で働いている人、転職希望者、介護・福祉の仕事に興味がある高校生・大学・専門学生等、専業主婦・主夫、アクティブシニア、デザイナー、エンジニア、福祉、介護分野の自治体職員・教育関係者など興味がある方はどなたでも
参加費
無料(開催地や事業所見学までの旅費等はご自身で負担いただきます)
応募方法
専用エントリーサイトから必要事項を記載のうえご応募ください。
主催
株式会社 studio-L
平成30年度厚生労働省補助事業

    【申込にあたっての注意事項】

  • スクールの内容、日程、会場はプログラムの進行により変更になる可能性があります。
  • 2回目は事業所への1日インターンシップを通したリサーチを行います。(日程、期間、人数は受け入れ事業所との調整により前後する可能性があります。)
  • 3回目以降の会場については、申込完了後参加者にご連絡します。
  • 対応都道府県は目安です。開催会場への移動等で別ブロックをご希望の方は申込の際に選択ください。
  • 事業所としてご参加いただく場合は2名以上での参加をお願いしています。
エントリーはこちらから

02テーマ・参加対象者

「働きたい介護・福祉の現場を目指して」

少子高齢化を背景として、持続可能な介護保険制度等の運営とサービス提供体制の構築が喫緊の課題となっています。なかでも介護・福祉職の需要が拡大し、2025年には最大245万人程度必要と推計されています。また世間では介護・福祉職は「やりがいがある」といわれる一方、「厳しくつらい」という声も聞こえてきます。そのため介護・福祉の仕事に就きたいという希望を持っていても、親や先生からの理解を得ることが難しかったり、働き始めてもキャリアの積み重ね方と将来が描けず辞めてしまう人もいます。介護・福祉の仕事は自分のライフスタイルにあわせた働き方ができたり、地域での生活とのつながりが強く、生活を創造する仕事であるという魅力もあります。

この事業では、事業に共感した連携事業者や企業、デザイナーと事業の方向性を検討しながら、志を共にする参加者と具体的なプロジェクトを考えるデザインスクールを開催し、そのプロセスを発信していきます。そして、デザインスクールでうまれたプロジェクトをカタチにし、今年度末の3月には、これらの成果をより多くの人に見聞きしてもらうためのイベントを開催します。最終的には、世間に流布している介護・福祉のイメージが変わり、介護・福祉の仕事があこがれの職業となることを目指します。

参加対象者

介護・福祉の仕事をいまよりもっとおもしろくしたい、わくわくするような介護・福祉現場の未来を考えたい、介護・福祉業界は「可能性の宝庫だ!」と考えている方を募集します。

  • これからの介護・福祉現場に欠かせないデザインを学び、実践したい介護・福祉事業所の経営者
  • 介護・福祉の現場で働いている人、転職希望者
  • 介護・福祉の仕事に興味がある高校生・大学・専門学生等、専業主婦・主夫、アクティブシニア
  • デザイナー、エンジニア
  • 福祉、介護分野の自治体職員・教育関係者
  • 本プロジェクトに連携したい企業、団体
エントリーへ進む

03 スクールの特長と参加メリット

介護・福祉デザインスクールでは、介護・福祉の現場やその周辺にある障壁を抽出し、介護・福祉現場でのインターン体験から資源を見つけ、さまざまなデザインの力やテクノロジーを使って、解決のきっかけづくりを目的としています。全6回のスクールでは主旨に賛同した各ブロックの事業所の方々の協力を得て、介護・福祉の現場にデザイナーやエンジニア、そして介護・福祉職に興味のある学生や転職希望者、アクティブシニア等が入ります。1事業所につき1つのチームとして、課題の解決や魅力向上にむけたプロジェクトを生み出します。

04全6回のプログラム

  • 第1回

    「キックオフ説明会・オリエンテーション」

    福祉・介護デザインスクールに関する説明と参加者同士で自己紹介を行い、インターンシップに取り組むためのチーム分けを行います。インターンシップのポイントを確認し、準備をします。

  • 第2回

    「インターンシップ1.介護・福祉職の現場を知る」

    チームごとに参加者の事業所で終日のインターンシップを行います。気づいたこと、気持ちの変化をシートに記入し、ふりかえりを実施します。

  • 第3回

    「インターンシップ2.先進事例を知る」

    チームごとに、第2回のインターンシップの経験をふりかえり、先進的な取り組みを進めている事業所や活動先へリサーチに行くための準備をします。(インターンはチームごとの宿題となります)

  • 第4回

    「介護・福祉職魅力向上・イメージ変換プロジェクトの検討」

    リサーチの結果をもとに、チームで介護・福祉職の魅力を向上し、課題をポジティブに解決するプロジェクトを企画します。企画書を作成し、プロジェクトを具体化します。

  • 第5回

    「プレゼンテーション講座&座談会」

    生まれたプロジェクトに必要なデザインは何か検討します。また、プロジェクトを発表するためのデザイン講座を実施し、パネルやプレゼン資料などのデザインを学びます。

  • 第6回

    「プロジェクト発表会&情報発信講座」

    スクールの成果としてプロジェクトを発表、全体に共有します。プロジェクト波及のためにSNSを中心として発信のスキルを学び、イベントに向けて今後の進め方について意見交換します。

  • アクションアイデア展示

    2019年3月に開催されるイベントの中で全ブロックのアクションを展示します。
    期間:2019年3月 場所:東京都内ほか(予定)

エントリーはこちらから

05デザインスクール 総合ディレクター

  • 山崎 亮(株)studio-L 代表取締役 / 社会福祉士

    地域の課題を地域に住む人たちが解決するためのコミュニティデザイン事務所の代表。市民参加型の地域包括ケアシステムの構築、まちづくりのワークショップ、住民参加型の総合計画づくりなど全国各地のプロジェクトに取り組んでいる。

06Q & A

個人で応募編

Q1デザインスクールは、何をするところですか?

参加者同士がチームを組んで、介護・福祉の現場にある課題や良い点など、現場がより良い環境になるための「可能性」を発見し、可能性を形にしていきます。実際に介護の現場に足を運んでインターンの体験を通して現場を学び、そこで得た発見から、こんなことがいいのでは?というアイデアを発想します。発想したアイデアはクリエイターと共に形にしていきます。

Q2デザインのスキルや経験がありませんが、参加可能ですか?

はい。デザインスクールのデザインとは、かっこいい椅子や洋服など、「みえるかたち」のデザインだけを指していません。「そんな手があったか!」とか「それやりたい!」と思うアイデアを生み出し、アイデアを試行錯誤しながら実現していくデザイン思考も含みます。そうしたデザイン的な発想や思考を活かして、課題を発見して解決していける力を身につけられるように学んでいきますので、スキルや経験は問いません。
また、プロのデザイナーやクリエイターと一緒に物や形のデザイン、あるいはサービスのデザインにも取り組めますので、クリエイティブな仕事を間近に見ることができるチャンスでもあります。

Q31人でも応募できますか?

はい。今の状況を変えたいけれど、どうしたらいいかわからない人、一人では何も変えられないと思っている人、ここには同じことを思っている仲間が集まってきます。みんなで共に悩み、共感し、励まし合いながら、少しずつ現状を変えていきましょう。

Q4介護・福祉の現場とは、どこまでの範囲を指しますか?

今回のプロジェクトは、高齢者福祉における介護職の人材確保のため、基本的には介護職を中心としていますが、他の医療福祉職にも応用可能なスキルやネットワークも構築できる環境です。現状を変えていく機会だと思う方はご応募ください。

介護事業所編

Q1事業所での参加費はかかりますか?

原則参加費は無料です。会場までの旅費等の実費負担、インターン先としての受け入れにご同意いただければご応募いただけます。

Q2介護事業所での申し込みは経営側と現場側の2名が必須なのはなぜですか?

スクールの中で考えたイメージ刷新のアイデアを実現していきたいと考えています。そのため実現のための意志決定ができる経営・管理職(必ずしも代表でなくてOK)と、現場で働く方(職員でなくてもOK)の両方に来ていただきたいと思っています。またインターン受け入れの際、サポートいただける職員の方がいることで現場の資源や障壁を発見しやすくできると考えています。

Q3スクール2回目に予定されている、インターンの全日程(3日間)の受け入れが難しい。

チラシの注意事項にありますが、インターン受け入れは、3日間中の1日〜1泊2日程度です。これは、現場で働く職員のみなさんと、その働き方をリサーチするために必要です。遠方から参加する人がいる場合は移動時間があっても参加できるよう、1泊2日などの時間で設定していただく予定です。

Q4介護事業所のインターンの受け入れにはどんな条件がありますか?

指定の期間内で、介護の仕事を体験、観察させていただくことが条件です。体験の内容については、お申し込み(場合によっては抽選)後お知らせいたしますが、各事業所の抱える課題ややってみたいこと、また不安なことをふまえて適時ブロック担当者と相談しながら進めますのでご安心ください。

Q5介護事業所勤務ですが、インターンの受け入れや2名以上の参加は難しいです。エントリー可能ですか?

はい。ただし、事業所としての参加ではなく個人としてご参加ください。ぜひ、自分の事業所での展開や発展も視野にご参加いただければと思います。

クリエイター編

Q1クリエイターとして参加することには、どんな条件がありますか?

一参加者として、他の参加者と共に介護事業所でのインターンを通して介護の現場を知っていただきます。その後、デザイナーやクリエイターの視点から課題を発見したり、解決案を考えたりと、クリエイターの職能を発揮していただきます。プロダクトデザインやグラフィックデザイン、あるいはテクノロジーのプロトタイプ作成など解決案を実現するためのコトや物を創ってもらいます。 これまでの自分の領域を広げたい、デザインの力を見た目のかっこよさだけではないデザインに応用したいなど、介護の分野でデザインに何ができるかをチャレンジできる機会となります。

Q2デザイン料は支払われますか?

デザインに関わる費用は実費経費としてお支払いします。(予算はブロックごと要相談)

Q3クリエイターとは、どんな分野の人を指しますか?

介護の現場で求められるクリエイティビティは多岐にわたります。グラフィック、プロダクト、建築、サービス、テクノロジー、手工芸、料理、編集など、あらゆるクリエイターの参加をお待ちしています。

エントリーはこちらから
主催
株式会社studio-L
協力予定
issue+design / 産業経済新聞社 / 暮らしの保健室 / 慶應義塾大学大学院 前野隆司 / リクルート HELPMAN JAPAN / Drawing&Manual
平成30年度厚生労働省補助事業
お問い合わせ先
kaigo_destudio-l.org
【個人情報の取り扱いについて】
応募者の個人情報は事務局が管理し、また委託を受けた委託先は本企画の実施運営に関わる作業のみを目的として使用いたします。個人情報は、契約に基づく委託先を別として第三者には提供いたしません。

TOP